妊娠・出産

【つわり】仕事辞めたくても辞めるべきではない!続けるメリット4つ

こんにちは。
アラサー女子もちこです!!

わたしは現在妊娠9ヶ月なのですが、妊娠初期には酷いつわりに悩まされました・・・

つわりには波があり、調子がいい日は割と仕事ができるような状況だったのですが、調子が悪いと朝吐き気で目覚めてトイレからずっと離れられない時間が続きました。。。

わたしは約1ヶ月半でつわりが治ったのですが、この状態にいつまで耐えなければならないのかと先の見えないつらさに何度も仕事を辞めたいと思いました。。。(ネットで調べると、つわりの期間は人それぞれで、妊娠後期まで数カ月間続いたり、長いと出産まで続く場合もあるとのことで、絶対に耐えられない!!と思いました 涙)

つわりがシンドイとほんとうに家でずっと寝続ける日々で、お布団から起き上がることも難しかったです。

そんな自分がやるせなくて、ストレスで、悲しくて泣いたり、
旦那さんにも「仕事を辞めて専業主婦になりたい!!」と嘆いたり、たっくさん当たり散らしましたが、

今、妊娠9ヶ月を迎えてやっぱり仕事を辞めなくてよかったな。。。と心底思っています。

体調が悪く止むを得ず退職する、という方も多くいるかもしれません。

しかし、つわりの時期につわりのことだけで「辞めたい」感じてということであれば、一旦踏みとどまってよく考えて欲しいなと思うんです。

今日は、仕事を続けることで得られるメリットについて5つご紹介ができればと思います。(※フルタイム正社員の場合)

【妊婦さんにおすすめ!】

Amazon・ベビーレジストリサービスで
ベビーグッズのサンプルを無料でもらおう(PR)

サンプルセットは品切れになることもあるので、出産前の登録がおすすめです。
登録方法などの詳細についてはこちら↓↓

あわせて読みたい
出産準備お試しBox(Amazonベビーレジストリ)とは。中身や貰う方法、その他特典をレビューこんにちは、アラサー女子もちこです。 突然ですが、Amazonのベビーレジストリサービスってご存知ですか? 無料登録するだけ...

 

仕事を続けるメリット①ギリギリまで頑張れば、休みを貰える

フルタイム正社員で仕事を続ける一番のメリットは、長期の休暇を貰えることが大きいです。

産前は予定日の6週間前から希望により休みを取ることが可能で、産後は8週間の休みを取ることが法律で定められています。(双子の場合、産前の14週前から)

わたしも予定日の6週間前からお休みをいただいたのですが、お休みに入る前はストレスなどで思ったよりもキツくてもっと早くからお休みでもいいんじゃないかとイライラしたものですが・・・(汗)

産前休暇に入ったあとは、疲れたらゆっくり休んだり眠くなれば寝たり、自分のペースでストレスの無い生活を送れています。

何度も、何ーーー度も「仕事辞めたい!!!!!!」と思ったけれど、結局のところ、続けてよかったな、と今では思えています。

仕事を続けるメリット②手当により金銭的な余裕が違う

正社員で産休・育休を取ると、多くの会社では会社からの給与は出ませんが、加入している健康保険や雇用保険から手当が出ることとなります。

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金

出産育児一時金は、専業主婦やフリーランスの方でも42万円が支給されるのですが、出産手当金は母親自身が加入している健康保険から、育児休業給付金については雇用保険からそれぞれ給付されることになるので、母親自身が働いていないと支給されません。

これにより仕事を続けた場合と、辞めてしまった場合で数百万単位で得られるお金に差が出てしまうんです!!

具体的な手当については、下記のサイトで自動計算ができます。

https://www.office-r1.jp/childcare/

ベビーグッズやおむつなど、ただでさえお金が掛かる時期なのでやはり少しでも多くお金をいただけると心にも余裕が出ますよね。

つわりで休んでしまった場合には手当がでる

ちなみに、つわりなど妊娠中に体調不良で連日お休みをすることになった場合には、「傷病休暇」扱いとなり傷病手当金が支給されます。

働いていないため会社からの給与は基本的に出ませんが、社会保険組合から手当がいただけるのはとても心強いですね。

仕事を続けるメリット③保育園に入れる可能性が高まる

子供を保育園に預けて日中働きたい!という場合には、フルタイム正社員として働いていた方が保育園入園の抽選に当たる確率が高くなります。

抽選の条件は各自治体によっても変わりますが、育休→保育園申し込みであれば入園できる可能性はあっても、求職中→保育園申し込みとなってしまうと、保育園に入園するための条件が足りず、申し込みをした企業からは保育園が決まってから求人に応募してください、というように断られてしまい、結局正社員で勤めることが難しい、、という悪循環に陥ってしまう可能性が高いです。

仕事を続けるメリット④就活しなくてよいので楽

一度仕事を辞めてしまうと、働こうと思った時に再度就活をしなければなりませんね。

ずっと専業主婦でいられれば一番よいのですが、旦那さんの給与もなかなか上がらない今日、生活を維持するのは難しくなっていますよね・・・

それに、子供が中学、高校、大学・・・と大きくなるにつれて、学費も掛かってきます。。。大学まで行かせると一人当たりトータルで1000万くらい掛かるのだとか・・・

先のことを考えると、子供が小さい今のうちに働いて少しでも貯蓄しておきたいところなのですが、小さな子供を連れていると正社員等で条件のよい仕事は採用されることがなかなか難しいでしょう。

仕事を続けるメリットについて、まとめ

いかがでしたか?

つわりの時期に仕事を辞めないで得られるメリットを4つご紹介してみました!!

今まさにつわりに苦しむプレママや妊活中の方など、上記を参考にしてみていただければと思います。

わたしも、産休に入った今では、本当にあの時仕事を辞めないでいてよかったな、と今になって思います。

仕事は一度辞めてしまえば基本的に再度雇用してもらうことはできません。
仕事を辞めるのは、子供が生まれて復帰してからでも遅くはないのです。

一度立ち止まって考える機会(チャンス)にしていただければ幸いです。

ここまでご覧くださり、ありがとうございました。

 

【追加】2020年1月に無事出産しました!!
出産レポートを下記に追加したので、よければご覧になってくださいね♪↓↓

あわせて読みたい
【出産レポート1】いよいよ出産へ!入院1日目の流れ。逆子はどうなった?臨月に入っても逆子が治らず、逆子体操やお灸を試したり、はたまたベビーに話しかけてみたりしながら過ごし、いよいよ帝王切開の予定日前日になり...

 

ABOUT ME
もちこ
狭い1LDKマンションで子育て中の新米ママ。かなりのめんどくさがりや&ズボラ加減に自信あり(笑) このサイトでは、自身で使ってみてよかった物の口コミやレビューを中心にご紹介しています。 また、意外に波乱万丈(?)なので、人生の失敗談なんかも記事にしたり、しなかったり・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA