妊娠・出産

【出産準備】帝王切開で入院する際に必要なものリスト

こんにちは、アラサー女子もちこです!

わたしはあと2週間ほどで出産予定なのですが、逆子が治らずに帝王切開での出産が決まりました。(正確には出産前日にエコーで確認をして逆子が治れば普通分娩になりますが、可能性は低い)

入院まであと少しなので入院グッズの準備をしているのですが、普通分娩と帝王切開で若干違う点があるようなので備忘録として記録しておこうと思います♪

予定帝王切開で入院の際に必要なものチェックリスト

出産予定の病院は総合病院で、パジャマやシャンプー、歯磨きなどの基本的なアメニティーはありがたいことに病院で準備をしてくれるとのことでした。
なので自身で準備が必要になるのは必要最低限の内容となります。

上記は全て100均(キャンドゥ)にて購入

1)手続きに必要なもの一式

入院先によっても異なると思いますが、入院時の手続きに必要となる書類や印鑑などは忘れずに持っていくようにしましょう。

  • 母子手帳
  • 印鑑
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 入院書類一式(入院承諾書、保証金預かり書)

2)現金

わたしの入院する病院ではテレビを見る際にはテレビカードが必要になるので、テレビを見る場合は1000円札が必要になります。また自販機を使ったり売店でちょっとしたものを購入する際のために小銭もいくらか持参すると便利でしょう。

3)本やスマホなど時間を潰せるもの(および充電器)

帝王切開の場合、手術日の前日朝に病院に行きそのまま入院となります。ネットで調べたところ、手術までの丸一日はやることがあまりなくヒマという意見が多くあるようでした。読みたい本やKindle等の電子書籍、スマホなどは忘れず持っていくようにしましょう。(念のため、充電器も忘れずに!)

4)筆記用具

書類への記入や先生から聞いたことをメモするためにも、メモ帳やボールペンなど最低限の筆記用具は持っていくようにしましょう。

5)軽食、ストローキャップ

帝王切開の場合、手術前と後で一定の食事ができない時間が発生するのですが、ゼリーやプリン等の流動的なもので先生が許可するものであれば食べることが可能だそうです。こちらは病院の方針などにも依るかもしれないので、事前に担当医師に確認ください。

また、手術後はベットから起き上がることも容易でないので、ペットボトルの先につけて、曲げて飲むことのできるストローキャップはかなり重宝するようですよ!

6)お産用パッド、産褥ショーツ

普通分娩の場合、病院に向かう際に産褥ショーツとお産パッドをつけた状態で病院に向かうこととなるのですが、予定帝王切開の場合には陣痛も破水もまだになるので、お産パッドと産褥ショーツは履かずに荷物と一緒に持参すればOKです。

7)スリッパ

無印良品のウールボアスリッパ。
中のウールが暖かく底が深いので脱げにくく歩きやすい。

院内で履くスリッパは、滑りにくく履きやすいものにしましょう。手術後に痛みが残った状態だとゆっくり歩くだけでもやっとだと思います。なので、値段ではなく履き心地や使い勝手優先で選んだ方が良いでしょう。冬の出産の場合、暖かい素材を選ぶとGoodです。

8)靴下、羽織れるもの

わたしが入院する病院は、入院時のパジャマは支給されるのですが冬はそれだけでは寒いので、羽織れるものがあると便利です。また足元も寒いので靴下はいくつか持っていくようにします。

9)洗面用具

入院中は基本的にノーメイクで過ごすことになりますので化粧品は不要です。洗顔石鹸や化粧水・乳液などの最低限のケア用品のみ持参するようにしましょう。

10)産後用ブラジャー

産後用の授乳ができるブラジャーは3枚程度準備をします。

11)退院時の自分と赤ちゃんの着替え

退院の際には、基本的に入院時に着た服を再度着て帰るかたちで問題ないでしょう。なお、靴は歩きやすいスニーカーを履いてくるようにします。

また赤ちゃんが退院するときに着る服(ベビードレスやおくるみなど)も忘れず準備をするようにしましょう。

12)その他

上記の他にも、必要に応じて下記を準備するようにします。

  • 常備薬
  • メガネやコンタクト
  • アイマスクと耳栓(共同部屋の場合)
  • マスク

帝王切開で入院時に必要な持ち物 まとめ

いかがでしたか?
帝王切開で入院する際に準備する持ち物について、調べたものや病院に確認した内容についてまとめてみました。

これから帝王切開での入院を予定されている人は参考にしていただければ幸いです。

 

 

ABOUT ME
もちこ
ズボラで【超】面倒くさがりなアラサー主婦。フルタイム正社員で家事と育児を両立するための方法を模索中。 わたしと同じように共働き家庭やプレママに役立つ時短やライフハックについてブログやSNSで紹介していきます♪