妊娠・出産

逆子が治らないまま、あっという間に臨月に。

出産予定日まであと2週間をきったのですが、29週から逆子になったままで治りません。

というか、今のところ戻りそうな気がしません 汗

病院の方針では、逆子は基本的に帝王切開になるとのことなので、現在は帝王切開で手術の予約をしています。
ただし手術当日にエコーをとり、もしも逆子が治っている場合には入院はせず帰宅し、後日普通分娩になるとのことなので、手術当日までひたすら神に祈っている状況です 涙

しかしながら産婦人科の先生に聞いてもネットで調べても、35週までは逆子が治ることがあっても、36週以降になって治ることは可能性としてはだいぶ低くなるようですね。

逆子体操やお灸が効くって聞いたけど・・・

27週の検診まで普通に頭位(頭が下)だったのですが、その2週間後、29週目の検診で突然逆子になっていることが判明しました。

確かにその数日前から「胎児が下の方ばかり蹴るな〜」なんて思っていたんですよね 汗

そこからはずっと逆子。
臨月となる36週目に入りましたが、一向に治る気配がなしです。。。

逆子体操やお灸なども試してみました。
でも、ちょうど27週から34週目までは、産休に入る直前で引き継ぎや残りの仕事を毎日必死でこなす日々・・・寝る前にやると決めた逆子体操やお灸も疲れ果ててやらずに寝てしまったりという日も多々ありました。。。汗

へその緒が胎児の首に絡まっている(逆子)

そして待ちに待った産休に。
産休後は産休前よりゆったり、のんびり体調優先で過ごすことができています。

産休後は里帰りをし、里帰り先の病院に通うことになったのですが、そこで衝撃の事実を知ることになりました。

実は逆子が治らないのは、胎児のへその緒が首に引っかかってしまっているため逆子が治りにくいというのです!

胎動も頻繁になりますし、苦しくは無いようなのですがちょっと心配ではありますよね・・・汗

何度か下向きになろうと頑張っている感じはあるが…

少し前まで、頑張って回ろうとしている?ような動きを感じたことは何回かありました。

普段は助骨あたりにまんまる〜い頭があるのが触ってわかるのですが、グニョングニョンという動きとともに少し下がって腹の横らへんまで移動するんですよね・・・でも、すぐにまた上に戻ってきてしまうんです。

産婦人科の先生曰く、胎児は自分にとって一番良い体勢でいるそうなので、正確な理由はわかりませんが逆子でいることに何か理由があるのかな、と思いました。

赤ちゃんにとってリスクが低いのが一番

帝王切開ははっきり言って怖いですが、やっぱり赤ちゃんにとってリスクが低い方法が一番だなと。

帝王切開は術後の痛みや回復に時間が掛かると言いますが、それでも赤ちゃんに何かあったら一生後悔することになるだろうし、そう思えば後の痛みや入院も大したことない!!と思えるようになってきました。

まだ確定ではないですが、戻るか戻らないかは赤ちゃんの判断にお任せをして、半分諦めつつ 汗 出産までのときを穏やかに過ごせたらなと思います。

本当、世のお母さんたちはすごい!!

ABOUT ME
もちこ
ズボラで【超】面倒くさがりなアラサー主婦。フルタイム正社員で家事と育児を両立するための方法を模索中。 わたしと同じように共働き家庭やプレママに役立つ時短やライフハックについてブログやSNSで紹介していきます♪