レビュー・口コミ

イルビゾンテ|手帳は使いにくい?プレゼントで貰ったのでレビューしました

こんにちは、アラサー女子もちこです。

夫からクリスマスプレゼントで貰ったイルビゾンテの手帳。

お気に入りなのですが、ネットで調べると「使いにくい」や「手入れが面倒」などとネガティブな評判がいくつもあって少し不安だったんですよね。

なので今回は、実際に使ってわかった良い点・悪い点を「忖度なし」でまとめてみようと思います。

購入を迷っている方はよければ参考にしてみてくださいね。

さっそくいってみよ!

イルビゾンテの手帳は本当に使いにくいの?実際のところは…

結論から言うとイルビゾンテの手帳を使って半年以上経ちますが、特に使いにくいといった点は見つかりませんでした。

あくまでネット上の評判となり主観も含まれるので、わたし個人には当てはまりませんでした。

ちなみにいただいたのは下記のバインダーシステム手帳(6穴タイプ)です。

色はヌメ革でシンプルなので持ち物のコーディネートもしやすいのでおすすめですよ。

 

イルビゾンテの手帳に関して、他に気づいた点をご紹介しますね^^

イルビゾンテ手帳:よかった点やおすすめのポイント

まずはイルビゾンテの本革手帳に関して、よかった点やおすすめのポイントを紹介します。

イルビゾンテ独自のエイジングがいい。経年と共に変化を楽しめるので飽きない

この手帳の1番の魅力といえばやはりイルビゾンテの皮独自の「エイジング」。特にヌメ革は変化が顕著なのでおすすめです。

手帳と共に一緒に歳を取っていく感覚になるというか、、愛着が湧いてきて飽きることがないです。

実際に日に当ててみました

実際に日当たりのよい室内に置いておいた変化が下記です。

2週間にわたり、1日交代で上下を返しました。(おせんべみたい笑)

全体的に茶色が濃くなり、艶が出てきました。

これからさらに変化していくのが楽しみです‼︎

イルビゾンテの手帳はコンパクトでかさばらないので、持ち歩きに便利

6穴タイプのコンパクトなイルビゾンテ手帳は、外出時に持っていくにも便利です。

小さなトートバック入れても邪魔になりません。

ただ背表紙の幅にはゆとりがあるので、入れようと思えばたくさんのレフィルを挟むことも可能です。

内ポケットにカードをたくさん入れても、ボタンが閉まらないといったことは無さそう。


背表紙のところの厚みは割とゆったりしてます。

イルビゾンテ手帳は、収納ポケットが付いているので便利

この手帳は左右のカバーにポケットがついています。カバー右側には1本分のペン入れも。

ポケットがあると簡単なメモやカード類などを入れておけるので嬉しいですよね!

ちなみに左側のポケットは一般的なカードが完全に隠れますが、写真のとおり、右側のポケットはペンを入れたままだと、ペンが干渉して若干カードがはみ出ます。(ただしカードが落ちるほどではなかったです)

香りと手触りは本物の本革ならでは。癒されます。

イルビゾンテの本革手帳は、皮がとても柔らかく摩擦が少ないので、触れていて気持ちいいんです。

写真のように力を掛けなくてもぐにゃりと曲がる感じ。すべすべしてます。。。(これに慣れると合皮を使えなくなってしまいますが… 汗)

あと個人的には手帳の香りが好きなんですよね。

表現がなかなか難しいですが、燻製に近いような、独特な、懐かしい香りがします。(私の解釈で伝わるかなぁ…)

たびたび匂いを嗅いで癒されてます・・・(笑)

イルビゾンテは有名ブランドだから、ちょっぴり自慢できる

「IL BISONTE(イルビゾンテ)」は数ある革製品のブランドのなかでは有名ですよね!

持ってるだけでさりげなく自慢できることもメリットのひとつだと思います。

またスマホでスケジュール管理する人も多い中、あえて手帳を使って管理するということで「こだわりを持っている人」というセルフイメージを与えることができますよ。

スケジュールは共有したりする場合、断然スマホの方が便利なんですけど、自分だけのアイデアや考えをまとめたりするにはアナログな方が便利なんですよね。

デリケートな素材だからこそ大切にする(イルビゾンテ)

デリケートな本革は少しのダメージでも傷みやすく、定期的なお手入れが必要なため、はっきりいってめんどくさい。。。

でも、手が掛かるからこそ大切にするし丁寧に扱うんですよね。

ある程度の歳にになったら、安くてそこそこ物よりこだわって選んだものを大切に使うことで、生活のクオリティーや満足度の向上に繋げることができます。

そういった意味でイルビゾンテの手帳はおすすめです。

イルビゾンテの手帳:不満・残念な点

イルビゾンテ手帳について良いところをご紹介したので、不満に思った点についてもご紹介できればと思います。

イルビゾンテの本革手帳は水に弱いのが残念

イルビゾンテの手帳というか本革製品の特徴なのですが、水にはとても弱いので濡らさないように気をつけなければなりません。

雨の日に持ち歩く時はビニールに入れたり、テーブルに置くときにテーブルが汚れていないか気をつけなければならないのが疲れたりします。。。

対策としては防水スプレーで表面をコーティングしたり、年に1、2回クリームでケアしてあげることで完全ではないものの、少し水に強くなります。

付属のレフィルいらない

イルビゾンテの手帳を買ったときレフィルが付いていたのですが、英語?イタリア語?で記載されていたため結局使用せず処分しました。(もったいない…)

個人的にはレフィルを無くし、その分値段を安くして欲しかったです…

イルビゾンテの本革手帳、まとめ


IL BISONTE(イルビゾンテ)の手帳についてご紹介してみました。

ネットを検索すれば商品の写真やレビューなど簡単に調べることができるのですが、不自然なくらい良い評価ばかりだったりして、どれを信じてよいのかわからないと思ったので、、、

この記事ではいい点だけでなく悪い点も紹介してみました。

購入を検討している人は、よければ参考にしていただければと思います。

最後にもう一度まとめます。

  • エイジングが楽しめる
  • サイズが丁度いい
  • 手帳の内側にポケットとペン用のポケットがあって便利
  • 香りと手触りがいい
  • 周りに自慢できる
  • デリケートだからこそ大切にできる

「IL BISONTE(イルビゾンテ)」の手帳は決して安い物ではないと思いますが、わたしは年齢を気にせず長く使えることを考えれば値段以上の価値があると思いました。

 

ちなみにイルビゾンテ製品は、デザイナーのワニー・ディ・フィリッポさんにより「製品が使用する人の一部になる」というコンセプトで生み出されたそうです。

わたしも生きている限り、夫にもらったこの手帳を体の一部として大切に使い続けたいなと考えてます^^

 

* * *

 

30代になったら量より質で、安いものを大量に消費するより、自分が気に入った良質なものを長く使う方向性にシフトしたいものですよね。

そんな大人のニーズを叶えてくれる、IL BISONTE(イルビゾンテ)の手帳はオススメです。

ブランドコンセプトを教えてあげれば、パートナー、友達へのプレゼントなどでも大変喜ばれると思いますよ♪

価格も、ちょっと高めの居酒屋を1回我慢すれば買える金額なので、贈り物にちょうどいいですね。

機会があればイルビゾンテの手帳を使ってみてくださいね。

 

ここまでご覧くださり、どうもありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

ABOUT ME
mochiko
1歳児子育て中のママ。主婦。「家事・育児をラクに楽しく!」をモットーに、日々の暮らしがちょっと良くなるライフハックを研究中。 繊細でネガティブな長女タイプ(HSPらしい)。日によって気持ちに波があるけどぼちぼち頑張って生きてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA