レビュー・体験談・口コミ

お金を貸して音信不通に…諦めていたらなんと10年後に戻ってきた体験談

 

こんにちは。
アラサー女子のもちこです!

 

わたしは、アラサーになった今でこそちゃんとお金を管理できるようになって来たのですが、10代から20代の頃はかなり雑でお金に対して「ザ・どんぶり勘定」といった感じでした。。。

そのため、苦労して働いて手にしたお金を簡単に知人に貸してしまい、その後なんと音信不通になってしまったんです・・・

今日はわたしが過去にお金について失敗した体験談をご紹介したいと思います。

やっちゃったよー

お金を貸すことになった相手との出会いは、職場

これはまだ20代だった頃の話しです。
はじめて社会人デビューをしたIT関連の会社で、わたしより後から中途で入社してきたのが問題の彼D氏でした。

彼は日本在住の外国人で、人懐っこくてとても気前が良いタイプだったので、入社してすぐに他の社員さんとも仲良くなっていました。

わたしとも積極的に仲良くなろうと声を掛けてくれて、飲み会やご飯など彼の方からいろいろとお誘いがあり、徐々に同僚として一緒に飲みにいったりお茶をしたりする仲になっていきました。

彼はちょっとプライドが高いタイプのようで、二人で飲みに行くときやご飯を食べに行くときなど気前よく奢ってくれました.。
「割り勘でイイ」と断っても、強引に押し切られてしまう感じ。

当時、若くてまだ世間のこともよくわかっていなかったわたしは、「外国の人はレディーファーストだからなのかな〜」くらいに思ってい担です。

そんななか、いつも通り彼に誘われて仕事後にマックへ立ち寄った時のこと、何やらいつもの笑顔満開な彼とはちょっと違い深刻な表情で、困っていることを打ち明けられました。。。

人生で初めてお金を貸した日

様子の彼に事情を聞くと、生活費が足らずに困っていることを打ち明けられました。

彼はわたしの目を見ながら真剣な表情で、次の給料日まで◯万円お金が必要なこと、子供がいて子供を養うために必要だということ、祖国の家族に仕送りをしている旨など事細かに現状や理由について説明をされました。。。

君しか頼れる人がいないんだ…どうか助けてくれないか?

祖国への仕送りなんて、なんだか世界規模の話になってしまったので、まだ実家で暮らしている自分はなんて甘えているんだろう…などと、若干自己嫌悪な気持ちと、同情する気持ちで「お金を貸してあげなきゃ‼︎」と、そう思ったんですね。

その当時はハタチ。
初めて他人にお金を貸すという経験だったのでした。

今考えると、以前、飲みにいった際などに彼に奢ってもらったこともあって恩も感じていたのだと思います。

あれ?徐々に増えていく貸付金・・・

D氏に貸すお金は、はじめのうちは少額でした。

次の給料日になったら返すという約束で、仕事帰りに1万円をコンビニのATMから下ろし、D氏と待ち合わせをしてお金の入った封筒を手渡ししました。

そして、約束の給料日にはちゃんと1万円、戻ってきたんですよ!

ほんと君のお陰だよ。心から感謝している。ありがとう。

「あ〜よかった、ちゃんとお金も帰ってきたから、
D氏とも気まずくならなくて済むし。」

そんな風に思っていたら、3日後くらいにD氏から携帯に連絡が・・・・・。

 

もう一度。。。
次の給料日に返すので、どうにか、お金を貸してくれませんか、と。

当時、彼の祖国では内戦が行われていました。
それで、ニュース見た?と。

今お金を送らないと家族や親戚の命が危ないかもしれない…そんな風に言ってきたと記憶しています。。。

「命」なんて言われたら、断ったために亡くなってしまったら責任を感じるし…もう面倒だから貸したくないと内心思いつつも断りきれず・・・。

そこから度々お金を貸すようになってしまったんです。。。

ズボラな性格が仇に。ちゃんと管理をしておらず、計算したらとんでもない金額になっていた。。。

「借り多分は、次の給料日に返す」という約束の上でお金を貸していたのだけれど、きっちり守られたのははじめだけでした。

2回目以降は、1万円のうち5千円だけ帰ってきたり、また一度に貸す金額も徐々に増えて3万円とか5万円とかになったり。

「約束と違う!!」と抗議したこともあったけど、
祖国の内戦の話を持ち出されて、あんな状況になってしまったから予定通り返せなくなってしまったんだ…と。

本当にキミには感謝している。キミ恩人だ。信じてほしい、必ず返すから内戦が終わるまで少し時間をくれないか…?

 

しかし貸付の回数が増えていき、さすがにまずいんじゃないか・・・と不安になり、現在の合計金額を計算することにしました。

そう、わたしの雑でズボラな性格が災いし、これまで残金の合計を計算してなかったんです!!!

 

・・・・・ええっっ!!!!

計算してびっくり!!!

彼からの返金を差し引いて、貸付は63万円にも及んでいたんです!

 

当時わたしのお給料は手取り18万円だったので、3ヶ月分以上!!(汗)

知った時は固まりましたよね・・・
ショックで。。。。

絶体絶命…彼が仕事に来なくなった・・・だと?

貸付金を計算してから、慌てて彼に連絡をとって会うことに!!!

そして彼に直接もうこれ以上は貸せないことを伝え、
いつ返してもらえるのか、早く返して欲しいと詰め寄りました。

借りたお金が63万にも登ることを告げると、彼も彼でちゃんと計算していなかったようで「嘘でしょ!?」と驚かれました。

 

計算式を書いた紙をD氏に見せて金額に間違いがないことを確認し、一先ず借用書を発行してもらうことは成功しました。

下記は実際に書いてもらった借用書です。
(言葉は話せるが日本語を書くことができないので、ローマ字で書いてある)

借用書があれば、万が一の時もきっと法的に取り返すことができるはず…‼︎

調べた訳でもないのに、借用書を書いてもらったことできっとどうにかなると安心仕切ってしまったんですね。

・・・

しかし、

ほっとしたのもつかの間
その数日後から、

 

なんと、D氏が会社に来なくなってしまったのです。

D氏が会社に出勤してこない・・・なぜ?!

「あれ…朝礼にD氏の姿がない・・・??え?え?!なんで???」

もう、朝礼の内容なんて全く入ってこない。
完全に上の空状態でした。

朝礼が終わるとソッコーで上司の元に行き、D氏がなぜ出勤してこないのか聞きました。
すると仕事中に怪我を負い、仕事ができなくなったため休職することになったそう。

お給料日の度に少しずつ返済してもらうことを約束していたので、まさか青天の霹靂でした・・・・・・・。

彼の携帯に連絡をすると、今は傷病手当だけで生活をしているから返済に充てることはできない。申し訳ないと何度も謝ってきました・・・。

祖国のことや怪我のことも、キミには本当に迷惑を掛けて心からすまないと思っている・・・

ここでまたわたしは「病人にお金を請求するのは悪いなぁ・・・」と良心が痛んで強く請求できなくなってしまったんです。

彼はいつ出社するのか、いつになったらお金を返してもらえるのか。。。
全く解決の兆しがない状況のなか、数ヶ月が経過しました。

 

そしてある日、朝礼の時に社長から、衝撃の報告を受けることになるんです。

D氏は職場を解雇されることに

なんと、彼は職場に復職することもなく退職となった(解雇)とのことでした。

わたしはその日、仕事が終わると真っ先にD氏へ連絡をしました。

 

彼に電話を掛けてみると、とても力強く以下のように訴えかけられました。

 

新しい職場が見つかったら、少しずつ返済することを約束する。信じてくれ。ほんとうに迷惑をかけて申し訳ない
助けてくれた君は恩人だ。本当に感謝している、このご恩は必ず返す

 

あー思い出してイライラしてきたな。。。(笑)
口だけは達者なんですけど、行動がまったく伴っていないんですよね。ほんと・・・

 

その数週間後から、何度電話を掛けても発信音のみで繋がらなくなってしまったんです・・・。

そう、一番恐れていた完全に音信不通となってしまったんです。。。

 

・・・・・・・・

 

もうダメ・・・・

D氏と音信不通になってからおよそ9年が経ち、相変わらず電話は繋がらない

D氏にお金を貸し、音信不通になってから約9年の月日が経ちました。

あっという間の9年・・遠い目

20歳だったわたしは元気いっぱいの20代後半になりました!٩( ‘ω’ )و

長いことD氏にのことは忘れていたのですが、その頃お付き合いしていた彼がフィナンシャルプランナーをしていて、お金に関する相談をする機会が多くあり、

そしてD氏との出来事を思い出した時に「実は昔、騙された経験があるんだよ~やっちゃったよねー」と、ネタ的な感じで話していたんですけど、彼は笑ったりすることなく冷静に

「それって、取り返せないの?」と。

相手と電話も繋がらないし、居場所も前いたところに住んでいるかわからないから
てっきりもう泣き寝入りするしかないと思い込んでいたんです。

でも、確かに・・・・。

何にも調べていない状態で、やってみないとわからないかも?

そう思い、調べてみることにしました。

市の法律相談や本、ネットの情報サイトをあちこち探してみたところ、借用書があれば職場へ給与差押えができたり、裁判を起こすこともできるということが分かりました。

また貸したお金には時効があり、家族や友人間での貸付は10年で請求できなくなってしまうということも知ったんです。

その時点で最初に貸した日付から9年以上経過しており、時効までは1年を切っていました。

だからこそ、もうダメ元で行動を起こしてみよう!と思ったんです。

わかるのは電話番号のみ。居場所や仕事も不明

さて、行動っていってもどうしよう。
わかるのは電話番号のみで、相手の居場所も現在の仕事も全くわかりません。

とりあえず、久しぶりにD氏に電話してみることにしました。

ずっと発信音が鳴るのみで、暫くして自動で留守電に切り替わってしまいます。

しかし「この電話番号は使われていません」というようには切り替わらないので、番号は変えていない可能性が高いと思いました。

また、わたしの番号だから拒否している可能性も高いと考えて、暫く期間を置いて別のスマホや公衆電話からの連絡も試しました。そして違う時間帯に掛けてみたりもしました。

しかし、やっぱり出ない。。。

仕方なく裁判を起こすことを検討して、住所を調べることにしました。

D氏の家には2回くらいお邪魔したことがあるので、当時の住所にD氏が住んでいるかを市役所に問い合わせすることにしたんです。

しかし該当の住所には既にD氏はおらず「居所不明」ということで書類が返ってきてしまいました。

実は、裁判は相手の職場や居住地もわからない状態で起こせないんですよね。

また、彼が資産を何も持っていなかったり、仕事をしていない場合には差し押さえする対象がないということになるので、裁判費用により、逆にこちら側がマイナスになる可能性が高いとのことで、結局、裁判は断念しました。。。

あっさりとD氏を発見する。ネットすごい・・・

裁判を起こすことは難しいと知り、他に彼と接触する方法がないかを検討しました。

実際に行ったのがSNSの検索です。

Facebookやインスタグラム、Twitterやmixiなど思いつく全てのSNSを片っ端から調べました。

するとなんと意外とあっさり見つかるという・・・!!

Facebookにめちゃめちゃドアップで自撮り写真を載せてるじゃありませんか_:(´ཀ`

衝撃・・・
こんな簡単に見つかるなんて(汗)

しかも、フェイスブックの記事から彼の近況も知ることができました。

どうやら働いてはいるみたいだったのですが、最新の記事で松葉杖のD氏が写っていたんです。

・・・

てか、また怪我したのかい・・・(汗)

いろいろと対策をとってみたら、返信が・・・!

Facebookだと直接彼にメッセージも送ることもできるのですが、無視されたりアカウントを削除される可能性もあると思い辞めておきました。

相変わらず電話は繋がらないので、
ひとまずSMSのショートメッセージを送ってみることにしたんです。

ただ単純に「お金を返してくれ」という内容では彼に響かないかと思ったので、彼に響く内容にしようと思いました。
(D氏がわたしにお金を借りる時にプレゼンしてきたように。目には目を・・・です)

どうしよう・・・

そして彼には1人娘がいて、何度かいっしょに遊んだことがあることを思い出しました。

彼が娘さんのことを大切にしていることは知っていたので、彼に刺さるように娘さんに関する内容を含めて以下の内容で文面を準備することにしました。

  • 仲良しだと思っていたのにあなたからの裏切り行為にとても傷付ている。こんな人だなんて思っていなかった。
  • 生活が苦しい状況だとしても、ちゃんと連絡をするのが筋ではないか?
  • こんな風に人を騙す好意をして、娘さんが知ったら悲しむのでは?父親として胸張って誠実な人生を生きていると言えるのか?
  • 迷信かもしれないけれど、人に嫌な思いをさせたら、絶対に自分に返って来るものだと思う。悪いことをしたらこの先娘さんや家族にも不幸が襲いかかってくると思います。それでもいいの?
  • わたしは騙されたと思ってあなたを恨んでいます。だって、信じてお金を貸していたから。でも、ちゃんと今からでも連絡をくれて誠実な対応をしてくれたら許すこともできます。

すると・・・

なんと数日後にキレた彼からSMS経由で返信が・・・!

びっくり・・・(笑)

返信内容は
「お前誰はだ?」「家族のことお前に関係ないだろ」など、わたしであることを認識していない様子だったので、事細かに説明をしました。

お金を返してもらっていないこと、何度も電話したのに出てくれなかったことなど、あくまでも冷静に。

すると「もう返済し終わったと思ってたよ・・・ごめん」と。

 

・・・

・・・・・は?

 

すっとぼけて、ふざけんなぁああああ〜!!!このやろー!!!

と、心の中では完全に火山が爆発していましたが・・・
ここでわたしがキレたらやっと連絡がとれたのに全て水の泡になる・・・と、なんとか気持ちを落ち着かせて、電話しました。

それから、借用書を写メで送信。
なんとか電話でやりとりをし、D氏を納得させることができたんです。

 

 

そしてついに・・・

 

最低でも月に1万ずつ、口座に振り込んでもらえることになったのです。

ほんと、よかったよ〜

返済の約束を取り付けて、その後どうだった?

D氏と連絡が着き、2年弱でついに返済してもらうことができました。

実は借用書に書かれていたのが63万より少ない45万円だったので、結局、全額返済とはならなかったのですか約60パーセントを取り返すことができたんです!

そしてこれは後から知ったことなのですが、D氏はわたしだけではなく職場で複数人からお金を借りて自転車操業状態だったとのこと。

・・・

ありえない・・・

 

わたしみたいにお金を貸してしまった人の中には、諦めて結局全く返済がないままで泣き寝入りしてしまった人もいたそうなんですよ。

 

ほんと最低。なんてやつだ・・・

 

どこまで彼が本当で嘘を言っているのか、今でもわかりませんがお金にだらしのないひどい男だということは間違いないでしょう。

はじめわたしに近づいて仲良くしたり、奢ってくれたりしたのも、信用させてお金を貸してもらう為だったのかなぁ・・・

そう考えると、信じたのに悲しいですね。

まだ10代で人を疑うことを知らない、未熟ものだったのでまんまと騙されてしまったんですね・・・(汗)

お金を貸して音信不通になったエピソード、まとめ

いかがでしたか?

わたしが経験したお金のトラブル、お金を貸して音信不通になった件についてご紹介してみました。

大変な経験ではあったものの、お金について勉強をするきっかけになりましたし、このブログを作るきっかけになったので、まぁよかったかなぁ、と今では思います。

今このページをご覧のあなたは、もしかすると同じ悩みをお持ちでしょうか?

当時のわたしと同じく苦しい状況かもしれませんが、諦めず、頑張ってほしいなと思います!> <

苦しいですよね、辛いですよね。。。
わかります、ももも経験者ですから。。。(ももも?)

当サイトでは、陰ながらあなたの問題が解決することを応援をしたいと思います!!

そして最後にまとめの一言。

お金を貸すのはダメ。ゼッタイ。(あげるつもりならOK)
あなたも気をつけてくださいね!!><

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA