レビュー・体験談・口コミ

お金を貸した相手が音信不通【体験談】諦めていたけど時効ギリギリに返してもらえた…‼︎

 

こんにちは。
アラサー女子のもちこです!

 

わたしは、アラサーになった今でこそちゃんとお金を管理できるようになって来たのですが、10代から20代の頃は金銭感覚がおかしくて、お金の計算について

「ザ・どんぶり勘定」

といった感じでした。

家計簿も付けていないし、今貯金がどのくらいあるか知らない・・・そんな状況が当たり前にあり、せっかく働いて手にしたお金を後先考えずに知人に貸してしまったんです。
少しずつ、貸付金が増えていき、いくらあるのか全く把握していない状態に。


おまけにその後、なんと貸した相手と音信不通に・・・!!

 

今日は、わたしが過去にお金について失敗した体験談をご紹介したいと思います。

やってまったー

お金を貸すことになった相手との出会いは、職場

これはまだ20代だった頃の話しです。

社会人となりはじめて就職した会社で、
わたしより後から中途採用で入社してきたのが、お金を貸すことになるD氏でした。

D氏は日本在住の外国人で、フレンドリーでとても気前が良いタイプ。
入社してすぐに他の社員さんとも仲良くなっていました。

わたしに対しても積極的に仲良くなろうと声を掛けてくれて、
同僚としてたまに飲みにいったり、グチを言い合うくらい仲良くなっていきました。

いい人なんだけど、彼との付き合いの中でちょっと引っかかる点がありました。

彼はプライドが高いタイプなのか?
二人で飲みやご飯に行く時には、毎回気前よく奢ってくれたんです。

「悪いから、自分の分は出すよ!!」
と断っても、強引に押し切られてしまう感じ。

当時、若くてまだ世間のこともよくわかっていなかったわたしは、
「外国の人はレディーファーストだからなのかな〜」くらいに思っていました。

 

そんななか、いつも通り彼に誘われて仕事後にファミレスへ立ち寄った時のこと。

何やらいつものニコニコご機嫌な彼とはちょっと違い深刻な表情で、
今現在、困っていることについて相談をされました・・・。

人生で初めてお金を貸した日

事情を聞いたところD氏から、

生活費が足らずに困っていることを打ち明けられました。

D氏は既婚者です。
子供も奥さんもいて、生活費が必要なことと、
故郷に送っている仕送りが足らないとのことで、
次の給料日まで2万円のお金が必要とのことだった。

D氏はこれまでにみたことない真剣な表情でした。
わたしの目をじっと、真剣に見つめながら。

君しか頼れる人がいないんだ…本当に頼む。どうか助けてくれないか・・・?

実は、彼の祖国はその当時、内戦状態だったので、
彼の話を真に受けて信じてしまったんですよね。(本当かもしれないですけど・・・)

当時はまだ20代前半。まさに井の中の蛙ですよ。
なんだか世界規模の話になってしまったので、まだ実家で暮らしている自分はなんて甘えているんだろうと感じ、

「わたしが祖国の力にならなくちゃ!!彼にお金を貸してあげよう」

と、なけなしの正義感(笑)で、
ポンとお金を出してしまったのでした。。。

今考えれば、彼には奢ってもらったこともあったりして、恩も感じていたのだと思います。

あれ?徐々に増えていく貸付金・・・

D氏に貸すお金は、はじめのうちは少額でした。

次の給料日になったら返すという約束で、預金口座から2万円を下ろし
こっそりD氏と会ってお金を渡しました。

そして、約束の給料日。

なんと、ちゃんと2万円が帰ってきたんですよ!

ちなみにD氏はわたしに対してこう言いました。

本当に君のお陰だよ。心から感謝している。恩人だ。ありがとう。

海外的な感じの表現ですよね。。。
褒めるときはめっちゃ褒めるという・・・
これに騙されてしまったのかな(汗)

しかし・・・
お金が帰ってきて安心したのも束の間。

 

さらに3日後くらいに。
D氏から携帯に連絡が・・・・・。

 

もう一度、次の給料日に返すので
どうにか、お金を貸してくれませんか、と。

そのころ、彼の祖国では内戦が徐々に激しくなってきており、
日本のニュース番組でもたびたび取り上げられていました。

それで、D氏はわたしに「ニュース見た?」と聞くわけなんです。

そしてわたしがお金を貸すのを渋ると

「今お金を送らないと家族や親戚の命が危ないかもしれない…」
そう言われました。

「命」なんて言われたら・・・ねぇ。。。
わたしがお金を貸すのを断ったためにもし家族が亡くなったなんてことがあれば、
ちょっと責任感じるじゃないですか・・・
あーもうハラハラするの面倒だし貸したくない・・・と内心思いつつも断りきれず・・・。

 

結局、それから度々お金を貸すようになってしまったんです・・・

ズボラな性格が仇に。ちゃんと管理をしておらず、計算したらとんでもない金額になっていた。。。

お金を貸すときに「借りた分は、次の給料日に返す」という約束をしていたのだけど、
それがちゃんと守られたのは最初だけ。初めの一回ポッキリですよ!!(ありえん)

2回目以降は、例えば半額だけ帰ってきて借金が残ったり、
また、一度に貸す金額も徐々に増えて3万円とか多い時には5万円、10万とかもありました。

「約束と違う!!」
と抗議したこともあったけど、
祖国の内戦の話を持ち出されて、
「内戦が酷くなってしまったから予定通り返せなくなってしまったんだ…」と。

本当にキミには感謝している。キミ恩人だ。信じてほしい、必ず返すから内戦が終わるまで少し時間をくれないか…?

相変わらず口だけは上手いD氏。
(当時、彼が嘘を言っているようには思えませんでした)

しかし、貸付の回数が増えていき、
「これはさすがに返せないのではないか・・・」と不安になり、や〜〜っと現在の合計金額を計算することにしました。

そう、わたしの雑でズボラな性格が災いし、
これまで残金の合計を計算してなかったんです!!!

 

そこでびっくり!!!

えええええ〜〜〜〜〜!?

彼からの返金を差し引いて、
貸付は63万円にも及んでいたんです!

 

当時わたしのお給料は手取り18万円だったので、3ヶ月分以上!!

知った時は固まりましたよね・・・
ショックすぎた・・・・

絶体絶命…彼が仕事に来なくなった・・・だと?

貸付金の合計金額をやっとこさ計算して焦ったわたしは、慌てて彼に連絡をとり待ち合わせすることにしました。

そして、彼にはもうこれ以上お金を貸せないことを伝え、
いつ返してもらえるのか、また早く返して欲しい旨を伝えました。

借りたお金が63万にも登ることを告げると、
なんと彼自身も計算していなかったようで「嘘でしょ!?」と驚かれました。

記入したお小遣い帳をD氏に見せて
金額に間違いがないことを確認し、納得してもらえました。
そして一先ず借用書を書いてもらうことに成功したんです。

下記は実際に書いてもらった借用書です。
(言葉は話せるが日本語を書くことができないので、ローマ字で書いてある)

借用書さえあれば、
万が一の時もきっと法的に取り返すことができるはず…‼︎

調べた訳でもないのに、借用書を書いてもらったことできっとどうにかなるであろうと安心しきってしまったんですね。

 

しかし、
ほっとしたのも束の間。

なんとその数日後から、

 

D氏が会社に来なくなってしまったのです。

 

ウソでしょ〜〜〜!!!!???

D氏が会社に出勤してこない・・・なぜ?!

「あれ…D氏が出勤してこない・・・?なぜ!?」

もう、朝礼の内容なんて全く入ってこない。
完全に上の空状態でした。

まさかまさか・・・まさかだよね??
胸がざわざわしました。

上司にD氏がなぜ出勤してこないのか理由を聞いてみました。

すると、

仕事中に怪我を負ったため、
仕事ができなくなり休職することになったとか。

えっなんでこのタイミング!!!??

お給料日の度に少しずつ返済してもらうことを約束していたので

まさかの、青天の霹靂でした・・・。

 

仕事が終わって彼の携帯に連絡して直接状況を聞いてみました。
すると今は傷病手当だけで生活をしているから、お金を返済に充てることはできない・・・とのこと。

申し訳がないと何度も謝ってきました・・・。

祖国のことや怪我のことも、キミには本当に迷惑を掛けて心からすまないと思っている・・・

口だけは上手いのよ!!本当。

そして、ここでまたわたしは
「病人にお金を請求するのは悪いなぁ・・・」
と、良心が痛んで強く請求できなくなってしまったんです。

彼はいつ出社するのか、いつになったらお金を返してもらえるのか。。。

毎日毎日、頭の中はモヤモヤですよ・・・

全く解決する兆しもないまま、
数ヶ月が経過しました。

 

そしてある日、ミーティングの際に社長から、
衝撃の報告を受けることになるんです。

D氏は職場を解雇されることに

なんと、彼は職場に復職することもなく
退職(解雇)となったとのことでした。

 

な・・・なんでーーー!!!???

その日、仕事が終わるとわたしは、真っ先にD氏へ連絡をしました。

 

彼に電話を掛けてみると、とても力強く以下のように訴えかけられました。

新しい職場が見つかったら、少しずつ返済することを約束する。信じてくれ。ほんとうに迷惑をかけて申し訳ない・・・
助けてくれた君は恩人だ。本当に感謝している、このご恩は必ず返す

口ばっかりの彼に流石にうんざり。
もう、彼の信頼度はもう0ですよね。
流石に腹が煮え繰り返りましたよ・・・

信頼してお金を貸したことや、
自分だってそんなに余裕があるわけでないしあげることはできない、返してくれ!!

必死で説得をしました。

でも・・・・
そんな説得も虚しく、ついに・・・

 

一番恐れていた音信不通となってしまったんです。。。

 

・・・・・・・・

 

絶体絶命・・・・。。。

D氏と音信不通になってからおよそ9年が経ち、相変わらず電話は繋がらない

音信不通になってから、
1年くらいは時々電話を掛けていました。

平日昼や夜、土日など様々なタイミングで試したり、
実家から掛けてみたりとシュチュエーションを変えるのですがそれでもダメ。

留守電に変わることもなくずっと接続中。
そして折り返しなども特になし。

・・・・・
もうダメなんだな。
わたしの失敗なんだな。

2年、3年と経過して、徐々にお金を貸したことも忘れ始めていました。

 

***

 

そして、D氏にお金を貸して音信不通になってから、約9年の月日が経ちました。

あっという間の9年・・早いわー!!

当時20代前半だったわたしは
元気いっぱい(?)のアラサーに成長しました(笑)

もう長いこと、D氏にのことは忘れていたのですが、
ちょうどその頃お付き合いしていた彼(今は旦那さん)がフィナンシャルプランナーをしていて、
お金に関する話をしている時に
D氏に騙されたことをチョロっと話したんですよね。ネタ的な感じで。

ホントは彼を笑わせようと思ったんですけど、
全く笑うことなく真顔で、

「それって、取り返せないの?」と言われて。

はじめ、え?っと思ったんですけど。

結局、これがわたしの転機になりました。

 

D氏とはもう長いこと電話も繋がらないし、
居場所だって、前にいたところに住んでいるかわからないから

てっきりもう泣き寝入りするしかないと
思い込んでいたんですよね。

試しに市の無料法律相談や本、ネットなどを見てみたところ、
じつは借用書さえあれば職場へ給与差押えができたり、
裁判を起こすこともできるということが分かりました。

また、貸したお金には時効があり、家族や友人間での貸付は10年で請求できなくなってしまうということも知れたんです。

そっか・・・あと1年なのか。

・・・

・・・

時効まであと1年しかないから・・・
やるなら今しかない!!!

 

もうダメ元でも行動を起こしてみよう!と思ったんです。

わかるのは電話番号のみ。居場所や仕事も不明

うーん、でも行動って言ってもどうしよ(汗)

わかるのは電話番号のみで、
相手の居場所も現在の仕事も全くわかりません。

とりあえず、久しぶりにD氏に電話してみることにしました。

「トゥルルル・・・トゥルルル・・・・」

やはり、以前と同じくずっと着信中で、
発信音が鳴るのみでした。

しかし「この電話番号は使われていません」というようには切り替わらないので、番号は変えていない可能性が高いと思いました。

また、わたしの番号を登録していて、
ワザと出ないでいる可能性も高いだろうな〜と考えて、
それからまた暫く経ってから、別のスマホや公衆電話からの連絡も試したりしました。

でも・・・
やっぱり出ないかぁ。。。

仕方なく裁判を起こすことを検討し、今度は住所を調べることにしました。

D氏の家には2回くらいお邪魔したことがあるので、
当時のD氏の住所に今現在も本人が住んでいるかを
市役所に問い合わせすることにしたんです。

問い合わせてしばらく経って、市役所から封筒が届いたのですが・・・

該当の住所には既にD氏はおらず
「居所不明」ということで既に引っ越し済みとのことでした。

実は、裁判って相手の職場や居住地がわからないと
起こすことができないんですよね・・・(汗)

それに彼が資産を何も持っていなかったり、仕事をしていない場合には、
差し押さえするものがないということになるので、
63万ほどのお金であれば、裁判に掛かる費用により
逆にこちら側がマイナスになる可能性が高いとのことで、

結局、裁判は断念しました。。。

え?あっさりとD氏を発見する。ネットすごい・・・

裁判を起こすことは難しいと知り、他に彼と接触する方法がないかを検討しました。

試してみたのがSNSの検索です。

Facebookやインスタグラム、Twitterやmixiなど
思いつく全てのSNSを片っ端から調べました。

するとなんと
意外とあっさり見つかったーーー!!!!

Facebookにめちゃめちゃドアップで
自撮り写真を載せてるじゃありませんか(汗)

衝撃・・・
こんなあっさりに見つかるなんて(汗)

しかも、instagramの記事から
彼の近況も知ることができました。

どうやら働いてはいるみたいだったのですが
最新の記事で松葉杖を使うD氏が写っていたんです。

 

・・・

 

この人、また怪我したのか・・・(汗)

いろいろと対策をとってみたら、返信が・・・!

インスタで直接彼にメッセージも送ることもできるのですが、
無視されたりアカウントを削除される可能性もあると思い辞めておきました。

相変わらず電話は繋がらないので、
ひとまず直接SMSのショートメッセージを送ってみることにしたんです。

ただ単純に「お金を返してくれ」という内容では
彼に響かないかと思ったので、彼に響く内容にしようと思いました。
(D氏がわたしにお金を借りる時にプレゼンしてきたように。目には目を・・・です)

どうしよう・・・

そして彼には1人娘がいて、
何度かいっしょに遊んだことがあることを思い出しました。

彼が娘さんのことを大切にしていることは知っていたので、彼に刺さるように娘さんに関する内容を含めて以下の内容で文面を準備することにしました。

  • 仲良しだと思っていたのにあなたからの裏切り行為にとても傷付ている。こんな人だなんて思っていなかった。
  • 生活が苦しい状況だとしても、ちゃんと連絡をするのが筋ではないか?
  • こんな風に人を騙す好意をして、娘さんが知ったら悲しむのでは?父親として胸張って誠実な人生を生きていると言えるのか?
  • 迷信かもしれないけれど、人に嫌な思いをさせたら、絶対に自分に返って来るものだと思う。悪いことをしたらこの先娘さんや家族にも不幸が襲いかかってくると思います。それでもいいの?
  • わたしは騙されたと思ってあなたを恨んでいます。だって、信じてお金を貸していたから。でも、ちゃんと今からでも連絡をくれて誠実な対応をしてくれたら許すこともできます。

すると・・・

なんと数日後に怒った彼からSMS経由で返信が・・・!!

びっくり・・・(笑)

返信内容は、

「お前は誰だ?」
「家族のことお前に関係ないだろ。家族のこと悪く言うな」など。

どうやら、送った文面は
狙い通り、彼に刺さったみたいです。

わたしであることを認識していない様子だったので、事細かに説明をしました。

お金を返してもらっていないこと、
何度も電話したのに出てくれなかったことなど、あくまでも冷静に。

すると、

「もう返済し終わったと思ってたよ・・・???そうだったの??」と。

 

・・・・は?

 

・・・

 

すっとぼけて、ふざけんなぁああああ〜!!!
このやろ〜〜〜〜〜
!!!

と、心の中では完全に火山が爆発していましたが・・・
ここでわたしがキレたらやっと連絡がとれたのに全て水の泡になる・・・と、
なんとか気持ちを落ち着かせて、引き続き会話を続けました。

それから、借用書を写メで送信。

借用書を見たD氏は、確かに自分の書いたものだ・・・と納得。

なんとか電話のやりとりをし、
最低でも月に1万ずつ返済してくれることになりました。


D氏に返済の約束を取り付けることができたんです。

あきらめなくて、良かった。

 

ほんと、よかったよ〜

返済の約束を取り付けて、その後どうだった?

それから毎月、月末にD氏から銀行口座に振込がありました。

少ないときは1万円。
多い時には3万から5万円ほどだった時も。

実は借用書に書かれていたのが63万より少ない45万円だったので、
結局、63万を全額返済とはならなかったのですか
約4分の3は取り返すことができたんです。

D氏と連絡がついてから、
2年弱が経っていました。

D氏の秘密があった

実は、D氏とやり取りをする中で、
D氏と一緒に働いていた時の先輩と飲む機会があったんですよね。

そこでわたしは、衝撃の事実を知ることになったのです。

D氏は、実はわたしだけではなく
職場で複数人からお金を借りて、自転車操業状態だったようなのです。

その先輩もなんどもお金を貸して欲しいと頼まれ炊けど、断ったとか。
先輩の同期数名にもお願いをしていたそうで、
何人かはお金を貸してしまって、結局、返してくれなくて泣き寝入りしたとか。

 

ありえない・・・

ほんと最低ですよね。
世の中にはこんな奴もいるんだなぁ・・・と。

きっとずっと借金を繰り返して生活をしているのかも。。。

祖国のことなど、彼が本当で嘘を言っているのか、今でもわかりません。
ここまで来たら、出身国がそこなのかすら怪しい・・・(汗)

お金を借りる理由を作るために、
同情しやすい「戦争」の情報を使ったのかもしれません。

結局、真相はわかりませんし、もう興味がないのですが。わかることは

お金にだらしのない、ヤバイ男だということは間違いないでしょう。

まだ20代前半で人を疑うことを知らない、純朴だったので、
まんまと騙されてしまったんですね・・・(汗)

お金を貸して音信不通になったエピソード、まとめ

いかがでしたか?

わたしが経験したお金のトラブル、
お金を貸して音信不通になった件についてご紹介してみました。

大変な経験ではあったものの、
お金について勉強をするきっかけになりましたし、
そのあとは騙されなくなったので、まぁよかったかなぁと今では思います。

今このページをご覧のあなたは、
もしかすると同じ悩みをお持ちでしょうか?

当時のわたしと同じく苦しい状況かもしれませんが、
諦めずに、頑張ってほしいなと、筆者は切実に応援してます!!!

 

そして、この経験をもとに
学んだことをまとめると・・・・

 

お金を貸すのはダメ。ゼッタイ。
みなさん、明日は我が身ですよ(笑)
気をつけましょうね!!

あ、お金をあげるくらい余裕がある人はOK!
(誰かください!!笑)

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA