レビュー・体験談・口コミ

口コミ|電気ケトル・ブラウン(WK3000WH)を使ってみたメリット・デメリット。使い勝手は悪い?値段は?

こんにちは。

アラサー主婦もちこです!

我が家では長く使っていた電気ケトルが壊れてしまい、ネットで調べて代わりに

デロンギ・ジャパン株式会社の「ブラウンBRAUN(WK3000WHの電気ケトル」を購入することにしました。

実際に使い始めたところ、予想より便利で使いやすかったので

実際に使ってわかったメリットデメリットをレビューしたいと思います。

購入を悩んでいる人にご参考にしていただければ幸いです。

created by Rinker
ブラウン(BRAUN)
¥3,849
(2019/04/18 08:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

電気ケトル「ブラウン(WK3000WH)」 は持ち手が握りやすい

子供から年配の方まで持ちやすい持ち手

ブラウン(WK3000WH)の電気ケトルは、持ち手のところがバーのような形になっているのが特徴です。

一般的なケトルだと、マグカップのようなアーチ状のものが多いかと思うのですが(以前我が家で使っていたものもそうだった)

アーチ型と比べてバータイプの方がとても握りやすく、持って移動するときにとても安定感がありました。

万が一、手が滑るなんてことがあれば熱湯で大怪我する可能性もありますからね・・・その点、ブラウン(WK3000WH)なら、子供から年配の方まで持ちやすいので安心して使えると思いました。

ブラウン(WK3000WH)の持ち手が持ちやすい

このバー形状の持ち手、実は握りやすさには根拠があり、この取手は人間工学に基づいて設計されているそうなんです。

ただ握りやすいだけでなく、人間の動作等を研究した上でこだわって作られたのがこのブラウン(WK3000WH)なんですね。使ってみて納得しました。

使う頻度が多いものなので持ちやすくなって毎日のストレスが軽減されました。
created by Rinker
ブラウン(BRAUN)
¥3,849
(2019/04/18 08:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

ブラウン(WK3000WH) の電気ケトルなら、水を入れる作業がとってもラク

取っ手が持ちやすいのでブラウン(WK3000WH)の電気ケトルは水を入れる作業が非常にラクです。

ブラウン(WK3000WH)の電気ケトルは蓋を開けなくても水を入れることができるので、片手がふさがった状態でも水入れを片手で完結することができるんです。

以下のような感じです。

ただし、こちらからはたくさんの水を一度に入れることができないので、蛇口を全開にして一度に大量に入れたい場合には、蓋を開けて行いましょう。

なお、蓋も親指にてワンプッシュで簡単に開けることができます。

電気ポットに水を入れるとき、通常であれば以下の動作が必要になってくるかと思います。

  • ポットの蓋を開ける
  • 蛇口をひねって水を出す
  • ポットに水を注ぐ
  • ポットの蓋を閉める

もしかすると「大した量の作業じゃないじゃん!」と思うかもしれませんが、

料理の最中には様々な作業を同時進行していることが多いので、結構上記の単純作業が面倒だったりするんです。

 

例えば、想像してみてください・・・

 

メインのフライと汁とサラダを作りながら、

フライの下準備で片手に小麦粉なんかが付いていた時には

「あー、一旦小麦粉を洗い流すの面倒・・・」

みたいなとき、ありませんか?

そんなときにブラウン(WK3000WH)だと片手で作業が完結できるので、作業が半分になります。

  • 蛇口をひねって水を出す
  • ポットに水を注ぐ

すっごい些細で地味なんですけど・・・動作に無駄がなくなりだいぶ楽になりましたよ!

水の分量を外から確認することができる

ブラウン(WK3000WH)の電気ケトルは、今どれだけ水が中に入っているのか分量を外から確認することができるので、

片手で水を入れているときにも、簡単に確認することができて便利です。

こんな感じです。

電気ケトル「ブラウン(WK3000WH) 」は、注ぐときに液だれ・水漏れしない

ブラウン(WK3000WH)は、お湯を注ぐ際にケトルの口から跳ねるようにお湯が飛び出るので液だれや水漏れはありません。

我が家で以前使用していた電気ケトルは、お湯をコップに注ぐたびにケトルの口からポタポタと液だれをしてしまっていて、

お茶を飲むために急須にお湯を入れるだけでも、テーブルの上に水たまりができ、片付けが本当に面倒だったんですよね・・・

ちょっと使うだけでも毎回掃除しなくてはならないのは手間ですし、木のテーブルのワックスがちょっとずつ痛んでハゲてしまうという弊害もありました・・・(涙)

ブラウン(WK3000WH)に変えて、ほんとよかったです。

テーブルのワックスが剥げてしまって・・・(汗)もっと早く変えていればよかった

「加熱中」であることがわかりやすいライト

ブラウン(WK3000WH)は、加熱しているときボタンに内蔵された緑のライトが点灯しているのでわかりやすいです。

光が強すぎない自然な緑色のライトなので目にも優しそう(真っ暗闇でも刺激が少ない)

ボタンを下に下げると「加熱」になり緑のライトが灯ります。沸騰すれば、ボタンが自動的に上に上がりライトが消えるというわかりやすい仕組みです。

お年寄りや子供でも、加熱中なのか・加熱が終わったのかが一目でわかりやすいですね。

安全のために自動電源オフ機能も備わっている

ブラウン(WK3000WH)には、安全のために自動で電源がオフになる機能が付いており、以下の状態になった場合には自動的に電源が切れるようになっています。

  • 沸騰したとき
  • 空焚きしてしまっているとき
  • 電源ベース(充電器)からケトルが外れたとき

 

小さな子供や年配の方がいる家庭には安心ですね。

ブラウン(WK3000WH) のデメリット

ちなみに、ここまで良いことばかりお伝えしてきたので、デメリットもご紹介しようと思います。

使い勝手に関してデメリットは特に見つからなかったのですが、個人的に改善して欲しいなと思うのが蓋のデザインについてです。

ブラウン(WK3000WH)は全体が白色で構成されているのですが、蓋のみが紺色になっており、色が濃いので蓋に乗った埃が目立ちやすかったです。

白い部分はそこまで気にならないのですが、蓋に関しては少し埃が溜まるだけで気になってしまいます。まぁ、これについては横着せずに掃除すべきということなんですが・・・(笑)

あとキッチン用品は白色で統一しているので、蓋も白だったらコーディネートしやすかったのになぁ・・・とちょっと思いました。残念!

ブラウン(WK3000WH) の電気ケトルを使ってみて、まとめ

いかがでしたでしたか?

デロンギ・ジャパン株式会社のブラウン(WK3000WH)に関して、実際に買ってみて分かったメリットやデメリットをご紹介しました。

ぶっちゃけ、生活を一新するような目新しい機能があるわけではないのですが、地味に使いやすいのでストレス減ります。

それから、お金を出せばいいものはいくらでも買えると思うんですけど、この電気ケトルは上記のように結構こだわって作られているのにも関わらずリーズナブルなんですよね。

一つ3,000円強で買えちゃいますから。

この値段でこの使いやすさ・デザインならかなりコスパがいいのではと思いました。

まぁ、お金が捨てるほどあるよ〜という人は、もっと高級なのを買ってください(笑)

ちなみに、今日見たら「楽天」が少し安いみたいだったので、買うとき値段チェックして見てくださいね!

created by Rinker
ブラウン(BRAUN)
¥3,849
(2019/04/18 08:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA