レビュー・体験談・口コミ

カタコンベ・パリ【体験談】予約なしで並んだらなんと〇時間…!!でも、見る価値あり

こんにちは、
海外旅行好きのもちこです!

仕事の連休を利用して、フランスのパリに旅行に行ってきたのですが、
旅行中に観光で行った「カタコンベ・パリ」がとってもよかったのでご紹介できればと思います♫

Booking.comでホテルを探してみる

カタコンベ・パリってなに?

カタコンベ・パリは、もともとパリの街の家や道路を形成する石材を採掘していた場所です。
パリに人口が集中し、亡くなった方を土葬するスペースが足りなくなったことから、個人の遺骨をカタコンベ・パリに納めるすることとなったのだとか。

パリ以外にも世界中に【カタコンベ】はあるのだけれど、世界で一番大きいのがこのパリのカタコンベなんです!しかもその数およそ600万体!!

もう数が多すぎて想像の域を超えていますね・・・(汗)

世界最大級なんて聞いてしまったら、
これは見るっきゃないない!(^ ^)

カタコンベ・パリはの場所はどこにあるの?

カタコンベ・パリの入り口は結構わかりやすいところにあります。
地下鉄で4番線・6番線、RERB線の路線が通っている、Denfer-Rochereau(ダンフェール・ロシュロ)駅から歩いてたった2分のところ。

Denfer-Rochereau(ダンフェール・ロシュロ)といえば、
オルリー空港への直通バスも出ている駅なので、
利用したことがある人も多いのではないでしょうか?

それから、カタコンベ・パリの入り口までは
かなりの長い行列ができているので気付きやすいかもしれませんね!!

予約なしで入れるの?(カタコンベ・パリ)

カタコンベ・パリは予約なしでも行列に並んで入ることができます。

今回、予約するのを忘れてしまったため、当日現地で並んで入ることにしました。ネットで調べたら1、2時間並んだという記載があったので、「まぁ、長くても2時間くらいかな。ディズニーよりちょっと長いくらいなのかなぁ〜」なんて考えていたら・・・

完全に考えが甘かった。。。
全くそんなもんじゃなかったんです・・・

なんと、私たちが並び始めたのがお昼の12:15で、
中に入れたときには15:30を過ぎていました!!!3時間半近く。。。

後から知ったのですが、カタコンベ・パリの内部は狭く、一度に入場できる人数が決まっているため、進みはあまり良くないんですね。

しかも5月月初だったにも関わらず、雨がみぞれに変わってきて・・・
めちゃめちゃ寒くて凍えてしまいました。。
(近くにPAUL(ポール)があるので、コーヒー買ってきたりして皆寒さをしのいでました。)

この記事を読んでいるあなた、
迷っているなら事前予約して行くことをオススメします!!

私たちはこのせいで他の予定が潰れてしまいました・・・(しかもパリ最終日だったのに…涙)

ちなみに入場料は、当日並ぶと12ユーロ、事前予約だと29ユーロです。
事前予約の方が値段は張りますが、海外旅行はとにかく時間勝負ですよ!!

人々を惹きつけるカタコンベ・パリの魅力とは

受付で料金を支払い、奥へ進むと地下のカタコンベへと続く螺旋階段が。
100段以上の階段をぐるぐる、ぐるぐると回っていきます。

これ結構目が回りましたよ(笑)

地下17メートルほど降りていくと、まずはカタコンベに関する歴史が紹介されたコーナーがあります。残念ながら日本語での表記はないです。

そこを過ぎると、いよいよ遺骨が収められた場所が!

見てください。綺麗に並べられた骨、骨、骨・・・

全部本物っていうのが本当に信じられないしすごい!
骨は基本的に触ってはいけないルールになっています。
しかし特に柵とかがあるわけではないので、ギリギリまで近づいたり観察したりすることができるんです。

この空間に、空気に圧倒される感じ。
外はすっごい寒かったんですけど、カタコンベ内は外より暖かかったです。たぶん、夏だったら逆に涼しいのかな?

十字架?お墓?のように並べられた頭蓋骨や、

ハートマークの骸骨も!!お茶目!!

ところどころ骨が無いところがあるのは、盗難の被害なんだそう。
骨を盗むって・・・どんだけマニアックなの?(汗)

カタコンベ・パリの体験談、まとめ!!

いかがでしたでしょうか?
パリの有名な観光地「カタコンベ・パリ」へ行った体験談をご紹介しました。

行くか迷っている人がいたら、ぜひぜひ行かれることをオススメします。
日本にいたら、あんなにたくさんの骸骨を拝むことなんて絶対ありませんからね!
まさに文化の違い。フランスならではだと思いました。

カタコンベ・パリに実際に入ってみる前は、
「6、700万体の骸骨に囲まれて、怖いかなぁ・・・」なんて思っていたんですけど、

実際はハート模様で並べられた頭蓋骨があったりと、ちょっとしたユニークさが交わっていて怖いという印象は全くありませんでした。
ユニークさを織り交ぜているところはフランスっぽいなぁとも思いますね。

怖いとか宗教的な感じというより、歴史が創り出した壮大なアートといった印象です。
ただただ死んだら埋葬されたり散骨される遺骨が、ここまでたくさん集まるとそれだけで価値が生まれるのだな、と不思議な感覚。

これまでの時代を行きた、ご先祖様たち。
わたしもいつか仲間に入るのだな。
それまでの間人生を楽しみたいなというポジティブな思いにもなれました。

お葬式とかって悲しいですけど、
ここにある遺骨はなんかポジティブな印象なんですよね。

ちなみにわたし個人的には、フランスの数ある観光地の中で、
上位3位に入るくらいオススメのスポットです。(ちょっとマニアックだけど 笑)

カタコンベ・パリ、
ぜひフランスを訪れた際には行ってみてくださいね!

Booking.comでホテルを探してみる




ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA