レビュー・体験談・口コミ

口コミ|たなかの柿の葉すしは新幹線で食べやすくうまい!帰省時のささやかな楽しみ。

こんにちは、アラサー主婦のもちこです。

我が家では、お盆や年末年始には旦那さんの実家がある関西方面に行くのですが、帰りの関西→東京の新幹線内でいつも「たなかの柿の葉すし」を食べることがささやかな楽しみになっています。

駅弁の種類は星の数ほどありますよね。京都駅の構内なんて、どこの店も駅弁専用ブースがあったりなんかして、多数の駅弁が山積みになっているくらいです。

そんな中でもわたしが「柿の葉すし」を毎回選んでしまうのには、理由があるんです。

京都駅から新幹線で東京へ。新幹線に乗車前にやるお決まり。

帰省からの帰り、京都初東京行きの新幹線に乗り、東京駅へ向かいます。エスカレータでホームへ上がる前に必ず寄るのがここ。

京都駅改札内のグランドキヨスクです!


駅弁だけでなく、お土産やお酒、酒のつまみや雑誌など、ついつい新幹線に乗る前に欲しくなるものが沢山置いてますよね。

そしてわたしはというと、誘惑に負けそうになりながらも「柿の葉すし」とお茶だけを購入して、早足でホームに向かいます。

座席についてホッと一安心。
新幹線が発車してから、いただきます!

たなかの柿の葉すし、蓋を開けると・・・

蓋を開けてみると、中には「ガリ」と「お手拭き」が入っています。

ちなみに原材料名は、以下の通りです。※今回は鯖のみのセット

  • 米(滋賀県産)
  • 醸造酢
  • 砂糖
  • 食塩
  • 調味料(アミノ酸等)

(原材料の一部に大豆を含む)

一つ一つの柿の葉を開く楽しみ。

小学生くらいの時でしょうか、柿の葉すしを初めて食べたのは。「うわ〜なんて綺麗に巻かれてるんだろ!」ってびっくりしたのを覚えています。

わたしは、青魚(サバ、アジ、イワシ、サンマ等)が食べ物の中で一番好きなのですが、柿の葉に巻かれているので、中身に何が入っているかわからないんですよね。妹たちとシャッフルして鯖が出ると「当たりー!」などと騒いでいた記憶が残っています。

今回のお寿司はオール鯖(サバ)なので天国です(笑)

柿の葉には殺菌効果があるため、柿の葉に包んでもの持ちをよくさせたのが柿の葉すしの始まりなんだそうです。これを考えた人は本当にすごいなぁ・・・と静かに尊敬。

手のひらサイズで可愛い。柿の葉すし♪

たなかの柿の葉すしは、酢の加減がちょうど良いのです。

肝心の味のレポートです。

「たなかの柿の葉すし」が好きなところは、酢飯の酢の強さでしょうか。酸っぱすぎず、弱すぎず、ちょうど良い塩梅なんですよね。その「塩梅」というのは具体的に、好きか・嫌いかということではなく魚の旨味を生かすようなバランスが取れているということです。

わたし個人的にお酢が好きで、ラーメンとかスープとかにズバズバ入れてしまうタイプなのですが、柿の葉すしの場合には、それじゃだめだと思っています。やっぱりお酢が目立ちすぎてしまうと、主役である魚の旨味がよくわからなくなってしまうんですよね。ベストなのはやはり、お米と魚両方のバランスが取れていること。こちらは本当に美味しくいただいています。

ごちそうさまでした。今日も美味しかった。

 

ちなみに・・・帰省と言っても旦那さんの実家なので、嫁であるわたしはいつも緊張と気疲れでヘトヘトになってしまいます・・・(汗)そんな疲れたわたしの胃腸でも、柿の葉すしなら優しく受け入れてくれる感じ(笑)

実家帰りで胃腸がキリキリ痛む人たちには、とってもオススメな食べ物です(というか、柿の葉すしがあってくれて助かった・・・)

今日は晴れ。

新幹線の窓より、まるで絵画のように美しい富士山を見ることができました。

 

あ。記事を書いていたら、柿の葉すしを思い出して食べたくなってきてしまった・・・買いに行こうっと(笑)

 

新幹線に乗る機会には、ぜひぜひ「たなかの柿の葉すし」を食べてみてくださいね!

ここまで読んでくださり、いつもありがとうございます。

 

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA