その他

ロリポップでデータを上書き保存してしまった場合の対処方法。

 

こんにちは。

アラサー駆け出しブロガーのもちこです。

実は先日、ホームページを作る際に、初歩ミスを犯してしまいました。なんと、ロリポップサーバーでデータベースを上書き保存してしまったんです。

その時のことは、別の記事にまとめました。↓↓

あわせて読みたい
ロリポップでサイトを上書き保存!一週間放置したらアクセス数が大変なことに・・・。 こんにちは。 駆け出しブロガーのもちこです! 今日は最近やらかした大失態についてお話をしたいと思います。 実は...

同じ失敗をしてしまった仲間がいるかもしれないので、実際に私がやって復活させた方法を備忘録として記録して置こうと思います。

上書きしたサイトの復旧方法

以下の作業手順はデータベースのコードを直接調整するものです。絶対に指示以外のところを触らないように注意してください。一つでもコードが変わってしまうとサイトの復旧は初心者にはかなり難しくなってしまいます。慎重に作業しましょう。

1)まずはロリポップサーバーのユーザー専用ページにログインします。

https://user.lolipop.jp/

2)ユーザー専用ページのサイドメニューから、「ロリポップFTP」をクリックします。

3)以下のページに移動するので、ファイル名の中から「wpーconfig.php」という名称のものを探し、開きます。

4)「wpーconfig.php」にて、属性の変更をします。

『現在の属性』の数字を「400」→「600」に変更し、『保存する』をクリックします。上記画像では「このファイルの書き込み権限がありませんので、内容の変更はできません。」と表示されていますが、値を「600」に変更することで、内容を変更することができるようになります。

5)同一ページの『ファイルの内容』部分を編集していきます。

下記「●」と記載された箇所を、データが残っているデータベースの情報へ変更していきます。

なお、どのデータベースへ変更するかは、ユーザー専用ページのWordpressのインストール履歴から確認できます。もしも履歴が削除されていて無い場合には、データベースにログインしてどのDBにデータが保存されているかを確認することができます。

===============================

// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘●●●●●●’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘●●●●●●’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘●●●●●●’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘●●●●●●’);

/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix  = ‘●●●●●●’;

===============================

6)忘れずに「保存」を押します。

7)最後に4)で調整した「属性」の情報を元に戻して完了です。

 

まとめ

いかがでしたか?

上記のコードを正しく指定できれば、ものの5分でサイトが元どおりになりました。

なるべく上書き保存する前にミスを防いで欲しいですが、「やってしまった!」という時には、上記の手順に従って復旧を試みてください。

なお、重要なので繰り返しますが、PHPファイルを調整する際には、必ず慎重に間違いの無いように作業してください。誤ってしまうと、取り返しがつかなくなる可能性大です。

ちなみに私が「wpーconfig.php」ファイルを調整した際には、ファイルの内容の値を全てテキストにコピー(バックアップ)をとって調整作業をしました。もしもの時のために、バックアップを取ることをオススメします。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA