悩み相談

突然涙が出る時は「プチ鬱」のサインかも?自分を過信せずにストレスの原因から逃げよう。

こんにちは。

アラサーOLのもちこです。

 

ある日突然、涙が溢れ出して止まらなくなった経験はありませんか?

私は昔、ストレスにより仕事から帰ると毎日泣いていた時期がありました。

仕事が終わって自宅に着くと、力が抜けて悲しみが湧き上がってくるんです。目からは自然に大量の涙が・・・。

そして、涙を出し切ると少し体がラクになった気分になります。

そんな日々の繰り返しでした。

 

当時は「疲れが溜まっているのかなぁ・・・」なんて軽く考えていたのですが、これは実はプチうつの始まりだったんです。

もともと体が強い方ではなかった。

わたしは小さい頃から体が強いほうではありませんでした。

空気の悪い工業地帯の近くで生まれ、小児喘息やアレルギー持ち。外で遊んでいると友達より疲れやすく長時間は遊べないので、どちらかというと家にいることが多かったです。

ちなみにわたしのプロフィールについては、以下のページでも紹介しています。

http://milife-hack.com/2018/03/04/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E9%81%8B%E5%96%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/?customize_changeset_uuid=50d8cb97-8b98-498f-a5f0-3c27e1607757&customize_autosaved=on

大人になってからは、なんとか正社員として就職することができたのだけれど、皆が当たり前のようにこなす8時間のフルタイム労働が本当にいっぱいいっぱいで・・・常に余裕がありませんでした。

それこそ深夜12時とか終電間際までバリバリ残業している女性の話なんかも聞きますけど、自分だったらと考えると想像できません・・・。1、2時間残業になっただけでもヘトヘトに疲れてしまいます。

ひどい時には夜ご飯も無し、お風呂も歯磨きもメイクも落とさずに、ソファーで突っ伏したままで朝まで眠ってしまう日もありました。

サービス残業が当たり前の会社で、ストレスがピークに。

20代で毎日2、3時間サービス残業がある会社に所属していた時のことです。

事務の仕事で業務内容はやりがいがあったため、結構のめり込んで頑張っていました。頼まれた仕事は断らなかったですし、意欲的に(みえるように)仕事も自ら進んで貰いにいきました。

ただ1点、その仕事で気がかりだったのがとある上司とのウマが合わないこと。

その上司はとにかくワンマンで、部下に意見を言わせないような人でした。例えば私が意見して、考えと合わない場合には会議室に呼び出されて、謎の説教が始まることも・・・。

この上司に頼まれた作業をするときは、カナリのストレスを感じている自覚がありました。

そんな風にストレスは認識していたものの、若さとおごりから何も手を打たずに突っ走ってしまいました。

 

ちなみに当時結婚していたのですが、家事をする余裕がなく平日は放置してしまいました。山のようになった洗濯物、使ったお茶碗やハシも放置・・・(なるべく使い捨てのやつを使っていました。)

もちろんご飯を作る余力も無いので、コンビニ弁当や松屋、マクドなどのファストフードを食べて何とかやり過ごす日々でした。

 

でもやっぱりそのように無理した生活は、長くは続かなかったです・・・

せっかくの休日なのに、死んだように眠るようになった。

平日仕事がある時は、「疲れたなぁ〜」と感じても栄養ドリンクやビタミン剤などを摂取して、騙し騙し続けていました。

すると、週末になって全く起きられなくなってしまったんです。

せっかくの休みだから、旦那さんとお出かけしたり友達とランチに行ったりしたいのに!

気持ちはそうなんですけど、体がついていかない。

当時、土曜日には朝から晩まで死んだように眠っていました。そして日曜日の午後になってやっと「家事を片付けなくちゃまずい!」と、布団からようやく起き上がる感じでした。

休んでも疲れが抜けない。すると、徐々に体に異変が・・・

寝てれば疲れは回復すると思いきや・・・やってみるとわかると思いますが、あまり疲れが取れないんです。

そのため、徐々に疲れを翌週に持ち越すようになってしまいました。

その頃あたりからです。仕事が終わって家に着くと自然に涙が出るようになっていきました。

でも、泣くと少しスッキリする。その繰り返し。

 

また、汚いんですけど一度おねしょをしてしまったことがありました。
「この歳で、ウソでしょ!?」信じられなかったんですけど、衣服と布団が濡れていたこと、またその他に考えられる要因がないのでやはりそうなんだと思います。

この出来事はすごくショックだったのですが、ネットを調べたところ、大きなストレスが掛かると大人でもおねしょをしてしまうことがあるということがわかりました。

この記述を見つけて少しホッとしたのを今でも覚えています。

また、自分自身にストレスが掛かっていることを自覚する事件でありました。

この事件から、仕事に対す気持ちを改めることにしました。しかしすでに受けてしまった仕事が急に減ることは無いですから、今までと同じ量をこなしていました。

 

過去の自分にアドバイスできるならば、すぐにでも休職なり、有給を取得するように言ってあげたい・・・

ある日、仕事に行けなくなった。

ある朝目覚めると、布団から起き上がることが出来なくなっていました。

「早く出勤しなくちゃ・・・」と思うのだけど、体がついていかない。

体がすごく重く感じ、また肩や腰、首も凝っている(凝りを通り越して痛みを感じていたくらい)ようで、本当に動けないんです。

そして食欲も無いしやる気が出ない、無気力状態でした。

どうしよう。辛い。このままどうなるんだろ・・・・

自分は仕事すら一人前にできず、社会不適合者だ・・・。

自己嫌悪と劣等感。心がネガティブな感情で埋め尽くされてしまいました。

何だか呼吸もしにくく、息苦しい。

 

会社に連絡して3ヶ月休職させてもらうことになったのですが、結局、結局出勤できずに退職することになってしまったんです。

「ただの体調不良」で終わらせてはダメ。若い女性に増えるプチ鬱

当時は自覚していなかったのだけれど、今思えば涙が自然に出るようになった時点で、軽度の鬱症状は始まっていたんです。

ちなみにわたしの場合、休み明けの月曜日は驚くくらいに元気なんです。

全く根拠の無い自信に満ち溢れていて「自分ならなんでもできるんじゃないか」なんて、やる気まんまんな気分になるんですよね。

でも、週の半ば水曜日を越えたあたりから、徐々にやる気がダウン。テンションが落ちて仕事以外は何も手につかない。

調べたところ、これは双極性障害といい、躁状態とうつ状態を繰り返す症状なんだそうです。

「鬱(うつ)」というと自殺や自傷行為に走る人を思い浮かべるかもしれません。

しかし双極性障害の場合は、良い時は本当に調子が良いので気づかないケースが多いそうなんです。

女性は生理周期などの影響によりただでさえ不安定になりやすく、男性の2倍鬱になりやすいという統計もあるので要注意です。

今回の記事、まとめ

現在ページをご覧のあなたは、もしかするとちょうど今「突然出てくる涙」に悩まされていて、その正体を知りたくてネット検索されているのかもしれません。

もしも私と同様の症状がみられている場合には、一刻も早く、休養を取ってほしいと思います。

「なんで自分は、皆と同じようにできないんだろう?」とか「なんで自分だけ・・・」などと、人と比べて落ち込んでしまうかもしれませんが、キャパも違っていて当たり前です。

今の仕事が自身にとってキャパオーバーならば、自分のキャパに合った仕事を見つけ、続けることが正しい選択だと考えます。

人それぞれ自分がストレスと思うポイントも、得意分野も違うからこそ、社会で皆が協力し合って生きていく意味があるんだと思います。

会社だってそうですよね。それぞれが得意なものを持ち寄って協力し合えば、成長していく。

20代の自分には、もっと周りの人に迷惑を掛けても良いので、たくさん頼って欲しいですし、自分自身を労って欲しいとアドバイスしてあげたいと切実に思います。

仕事=人生ではなく、人生があってこそ、仕事ができるんです。

もう2度と戻らない自分のココロを、カラダを、大切に生きてあげてくださいね。

 

* * *

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。

今日もステキな一日をお過ごしください(^o^)

ABOUT ME
もちこ
アラサー主婦でOLのもちこです!毎日がちょっぴり良くなるような、ライフハックやおすすめ商品をご紹介できたらと思います。バツイチ・再婚組だけど明るく楽しく生きるがモットーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA